電話でのご予約はコチラ

慢性腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛【温める?冷やす(アイシング)?シップ?】

よく患者さんに温めるべきか冷やすべきかあるいはシップすべきか
と質問されます。

もし患部に熱を持っている状態なら冷やして下さい。

シップには冷却効果はありません。冷えた感じがする有効成分が入っ
ているだけです。

氷と水を用いてアイシングするのがおすすめです。
時間は30分以内がいいです。

あまり長時間のアイシングは効果がないばかりか逆効果になることも
あります。

基本的に急性の腰痛、打ち身・捻挫など以外は冷やすべきでないと思
います。

慢性腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛の場合、筋肉内に溜まった老
廃物・発痛物質が痛みの起こる原因であることがほとんどです。

温めた方が筋肉内の血液循環がよくなり老廃物や発痛物質が早く排出
されます。

また温めることによる痛みを柔らげる効果もあるのでおすすめです。

温める場合はお湯に浸かることをお勧めします。
お湯は比熱容量が大きく身体を芯から温めるのに適しています。
ホットパックやカイロより効果的です。

カイロは何時間も温熱効果が持続します。

四六時中温めていると身体は逆にそこを冷やそうと働きだすので温め
る時間は30分ぐらいにした方がいいですよ。

シップについてですが、痛みがシップで和らぐのなら肌が痛まない程
度に使うのがお勧めです。

お風呂上がりは皮膚に油分が無くなっていて肌を痛めやすく刺激も強
くなるのでお勧め出来ません。

痛みは急性期の症状に対しては大事な警報ですが、慢性の痛みは百害
あって一利なしです。

少しでも早く痛みとる方法として、温めたりシップを使って少しでも
く痛みを取り除くべきです。

がまんしていいことは何もありません。

慢性腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛でお困りの方は一度ご相談くだ
さい。

連絡を待ちしています。

〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉


544-0033
大阪市生野区勝山北2-2-1
きたおか整骨院

★JR桃谷駅より徒歩6分

℡ 06-6776-2697

お知らせNEWS