電話でのご予約はコチラ

左膝の痛み

昨日来院された患者さんが左膝が痛むと言って来院されました。

三ヶ月前に職場でつまずいてから左膝がずっと痛むという主訴の40代の女性でした。

歩いている時やじっとしていても膝が痛くなるとのこと。

その方の両膝を検査したところ右膝と比較して、左膝のねじれがかなり大きかったので

まずはそのねじれを施術しました。

膝のねじれを診るポイントは、大腿部(膝蓋骨の上部の真ん中)に対して下腿部(脛骨

のすねのライン)がどれくらいずれているかで比較します。

このずれが大きいほど膝の関節を捻じって使っていることになりだんだんと痛くなってきます。

関節は正しいアライメント(関節面の角度)で動いている時は非常に丈夫に出来ていますが、ひ

とたびアライメントが狂ってしまうと関節面に不均一な圧がかかり徐々に痛み出します。

次に見たポイントは足首です。

足首は膝のすぐ下の関節なのでこの関節の僅か捻じれが膝の捻じれに大きな影響を与えることは

お分かりいただけるでしょう。

両足首を比較すると左の足首が硬動きが悪くなっていました。

足首の距骨の動きが悪かったのでその動きが出る様に施術しました。

次に見たポイントは膝のすぐ上の股関節です。

股関節に臀部の大きな筋力がいくつも付着しており股関節はこれらの筋肉の影響を大きく受けます。

特に膝痛のかたは私の経験上中殿筋の硬結が見られる場合が多くこの硬結を施術することで膝痛が緩

解することが非常に多く見られます。

この患者さんの場合も左臀部の筋肉が右臀部と比べて非常に緊張していました。

そこでこの左中殿筋を中心に左臀部の筋肉の硬結を施術しました。

この結果、患者さんによると膝痛は施術の直後からなくなったそうです。

〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉


544-0033
大阪市生野区勝山北2-2-1
きたおか整骨院

★JR桃谷駅より徒歩6分

℡ 06-6776-2697










お知らせNEWS