電話でのご予約はコチラ

3年前からの耳鳴りが良くなった

この患者さんは左半身全部がつらく、仕事中はかがむ用事が多いために腰が痛くて午前中で腰痛が限界になると言って来院された60代の女性です。週一回のペースで5回目の来院時に3年前からの耳鳴りがほとんどしなくなったと言われました。問診時も今までの来院時にも耳鳴りについて一度も訴えることがなかったので、その時はじめて耳鳴りがあったことを知りました。患者さん本人いわく耳
続きを読む

左膝の痛み

昨日来院された患者さんが左膝が痛むと言って来院されました。三ヶ月前に職場でつまずいてから左膝がずっと痛むという主訴の40代の女性でした。歩いている時やじっとしていても膝が痛くなるとのこと。その方の両膝を検査したところ右膝と比較して、左膝のねじれがかなり大きかったのでまずはそのねじれを施術しました。膝のねじれを診るポイントは、大腿部(膝蓋骨の上部の真ん中)に対
続きを読む

病院で腱鞘炎を言われた方の本当の原因は○○でした。

腱鞘炎は手を酷使する人に多く見られる症状です。元々、手を酷使する人によく見られる症状ですが、最近ではスマホやパソコンのやりすぎによる腱鞘炎が増えていま。腱鞘炎は、腱を覆う腱鞘に起こる炎症です。腱は筋肉と骨をつなぐ結合組織で筋肉の動きを関節に伝えます。一方の腱鞘は腱を覆うストローの様な組織で、何本かの腱を一つ束ねたり、腱がスムーズに動くように固定しています。と
続きを読む

猫背矯正、姿勢改善

60代 女性10年前に右股関節を人工骨頭に置換している。夕方になると腰がだんだん痛くなって辛く、整形外科では手術を勧められてが出来ればしたくないと訴えて来院されたクライアントさんです。猫背がきつく胸椎の側弯もあり重心が取りずらいのが一目で分かる状態でした。背骨周りの筋肉のこわばりと背骨の関節の動きの悪い部分を中心に施術した結果猫背が改善されかなりすっきりとし
続きを読む

四十肩・五十肩(肩の痛み、腕を背中に回せない)

女性 60代 自営業去年から仕事中に右腕をよく使うが右腕を前に出す動作で右肩から右上腕外側が痛くて仕事に支障が出ている。トイレの後ズボンを上げる時にすごく痛みがある。またお風呂で左半身が洗えないで困っている。しばらく整形外科や他の整骨院に通院したが改善が見られないということで来院されました。検査を行うと右肩の可動域制限が強く前方だけでなく後方にも肩の可動域制
続きを読む

アトピー性皮膚炎の症例

当院に来院中のクライアントさんにアトピー性皮膚炎で首から背中にかけて赤い湿疹がぽつぽつと出ているかたがおられました。このクライアントさんの主訴は腰痛でしたが通院から2ヶ月目くらいに殆ど湿疹が無くなってきました。腰痛も仕事終わりでも気にならない程度まで改善しました。身体の排泄機能がうまく働いていない時に皮膚から老廃物を排泄しようとしてこのような湿疹が出る場合が
続きを読む

肩こり・首こり・長期間続いている空咳(からせき)の原因【原因不明の空咳】

何週間、何か月と空咳(からせき)が続いている事はないですか?当院のクライアントさんの中にも施術中に何度も空咳をしているかたがたまにおられます。空咳の原因として感染症による風邪、アレルギー体質によるもの、咳喘息などが主な原因とされています。しかしあまり知られていませんがこの他によくある原因として疲労により首の筋肉が固くなり首の骨が動かなくなったために空咳が起こ
続きを読む

右こめかみの頭痛・吐き気・肩こりからくる頭痛・偏頭痛・緊張型頭痛

右こめかみの激しい頭痛と吐き気のクライアントさんが来院されました。心拍に合わせて右のこめかみがズキズキするとのこと。このような方の場合危険な症状が潜んでいる場合があるのでいくつか気をつけないといけないポイントがあります。問診の結果、幸いこの方は緊張型頭痛と判断でき医療機関を受診ずみだったので当院の守備範囲内として施術しました。触診の結果、ひどい肩こりと首の硬
続きを読む

【足裏前足部のしびれ・痛み】圧迫感、何かが張り付いている感じ、親指がしびれる

右足裏の前足部が20年前からしびれていると訴えられるクライアントさんが、半月前から来院されていていろいろ試しても一向に改善せず困っていました。腰から順番に気になるポイントを足に向かって施術していき、もうここが違ったら他に思いつかないと思ったら最後のポイントでヒットしました。 どこを施術したかと言うと、べたですが足裏です。足裏の短趾屈筋と母趾内転筋という足趾の
続きを読む

【へバーデン結節】【腱鞘炎】【ドケルパン病】【ばねゆび】に共通する癖

来院されるクライアントさんの中に来院理由の主訴ではないが、手指に問題がある方をよく見かけます。その中でも多いのが、ゆびの末節関節(一番ゆびの先端に近い関節)が痛いという方です。皆さんもう諦めているのか痛くて当たり前という体で問診票にも書かかれません。施術を進めるうちに「実は痛いんです。」と、こちらが触診して初めて答えてくれます。見てみましょうかと言うと、こん
続きを読む

お知らせNEWS